HOME > 婦人科のご案内 > 更年期障害について

更年期障害について

エナ・みらいグループ

更年期障害は、女性なら誰でも経験する可能性のあるものです。ほてりやのぼせ、ホットフラッシュのような特徴的な症状はもちろんのこと、気分の落ち込みや不安感、やる気が出ない、イライラするなどの精神的な症状など、本当にたくさんの症状が見られます。
当院では、更年期障害に悩む女性の方を積極的にサポートしております。一人で悩まずお気軽にご相談ください。

「更年期」とは

更年期の女性ホルモン量の変化

更年期障害の「更年期」とは、閉経の前後それぞれ5年間を合わせた10年間のことをいいます。日本人女性の閉経は平均で50.5歳と言われていますので、およそ45〜55歳くらいが更年期にあたります。

ちなみにいつが閉経となるかというと、最後に生理が来てから1年間生理がなかった場合、その最終の整理を持って閉経としています。なので、後から振り返らないと正しい閉経の時期は分かりません。ただし閉経の時期には大きな個人差があり、早い方では、40歳を過ぎたことから更年期が始まることがあります。また子宮筋腫がある方は閉経が遅い傾向が見られます。

更年期障害とは

更年期障害とは、原因となる明らかな病気がないのに、更年期に起こるいろいろな症状によって日常生活に支障が出ている状態を言います。

更年期の症状は非常に個人差が大きく、全く症状なく閉経までの期間を過ごす方もいれば、症状が非常に重く、毎日寝込むほど辛い思いをする方もおられます。

更年期障害の原因

更年期障害の原因

更年期障害の基本的な原因は、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が大きく変わることです。閉経に伴って女性ホルモンは減少していきますが、その過程で一時的に大きく増えたりすることもあり、変動が大きなことが更年期障害の一因と考えられています。

それに加えて、加齢による身体機能の低下などの身体の要素、もともとの性格や生育歴などの心理的要素、そして家庭や職場における人間関係や金銭的な状況などの社会的要素など、さまざまな要素が複合的に絡みあった結果、日常生活に支障が出るほどの更年期障害が起こるのです。

更年期障害になりやすい方

閉経とそれに伴うエストロゲンの減少は、全ての女性に起こりますが、全ての女性が同じような更年期障害の症状を起こすわけではありません。上述したような心理的要素や社会的要素などが大きく関係しており、更年期は一種のストレス性疾患であるという先生もいるほどです。

更年期になりやすいといわれているのは、性格的に真面目な方、また頑張り屋の方、神経質、完璧主義といった傾向がある方です。思い当たる方も多いのではないでしょうか。

更年期障害の症状

更年期障害の症状 参考:ドコモ・ヘルスケア調べ(2018年)

更年期障害は、非常に多彩な症状が同時に出ることが特徴です。ただ一つの症状だけを訴えて婦人科を受診する方は少数です。ほてりや発汗、ホットフラッシュなどが特徴的な症状ですが、身体や心の症状を複数訴えることが多いです。

中には、多くの症状を訴え、その症状が時々で変化するのにそれらを説明できる検査所見の異常や身体の病気が全くない方が多くおられます。これらの症状をまとめて「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と呼んでいますが、この不定愁訴を訴える方が多いのも更年期障害の特徴の一つです。

血管運動神経症状

更年期といえば誰でも思いつく症状が、血管運動神経症状です。自律神経のバランスが崩れ、血管が拡張し、熱を放散することで起こります。ほてりやのぼせ、発汗・寝汗、ホットフラッシュなどが見られます。冬の寒い時期に一人だけ汗をかいていたり、突然大量の汗が出るなどの症状が見られます。

血管運動神経症状以外の身体症状

更年期障害の身体症状は多彩です。めまいや頭痛など頭部の症状、動悸や胸が締め付けられる感じといった胸の症状、腰や背中、関節の痛み、冷えやしびれ感、疲れやすさなどがあります。中には物忘れや記憶力の低下を訴える方もおられます。

意外と無視できないのが、エストロゲンの減少に伴う膣乾燥感です。性交痛を伴うことが多く、生活の質を著しく落とすことがあります。

更年期障害の精神症状

更年期障害で見逃せないのが、精神症状です。更年期の女性はいつもイライラしているというイメージがあるかもしれませんが、それ以外にも、気分の落ち込みや不安感、やる気が出ない、情緒不安定、不眠など、さまざまな精神症状が現れます。

実は男性にも更年期障害がある

これまでは女性だけに起こる症状とされてきましたが、最近の研究では、男性にも更年期障害が見られることがわかっています。基本的な原因は、加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の減少です。テストステロンの減少は女性におけるエストロゲンの減少よりもゆっくり起こるため、自分の症状が更年期障害であると気がついていない男性も多いです。

更年期障害の診断【チェックリスト】

更年期症状チェックリスト
  • 顔や上半身がほてる(熱くなる)
  • 汗をかきやすい
  • 夜なかなか寝付かれない
  • 夜眠っても目をさましやすい
  • 興奮しやすく、イライラすることが多い
  • いつも不安感がある
  • ささいなことが気になる
  • くよくよし、ゆううつなことが多い
  • 無気力で、疲れやすい
  • 眼が疲れる
  • ものごとが覚えにくかったり、物忘れが多い
  • めまいがある
  • 胸がどきどきする
  • 胸がしめつけられる
  • 頭が重かったり、頭痛がよくする
  • 肩や首がこる
  • 背中や腰が痛む
  • 手足の節々(関節)の痛みがある
  • 腰や手足が冷える
  • 手足(指)がしびれる
  • 最近音に敏感である

更年期障害は明らかな身体の病気を基礎としないので、確定的な診断基準は存在しません。診断において大切なことは、問診です。更年期障害の方は一つの症状ではなくたくさんの症状を同時に訴える特徴があるので、上記のような症状を質問票などを用いて症状を確認していくことが必要となります。また、更年期障害を起こすきっかけとなるような心理的・社会的な要素がないかをじっくり確認するのも、問診の重要な役割です。

また、更年期障害の診断には生理の周期を確認します。閉経が近づくにつれ、それまで順調に来ていた生理が来なくなったり、また生理の間隔が一時的に短くなったりと、更年期には生理不順が見られるのが通常です。

診断の参考としてエストロゲンの値を測定しますが、一度の測定で問題がなくても、何度か繰り返し測定を行い、値の揺らぎがないかを見ることが大切です。

さらに、症状の原因となる病気がないことを確認することも重要なポイントです。症状に当てはまる身体の病気がないかを除外することで、更年期障害の診断をつけることができます。更年期障害の症状を訴えて婦人科を受診した患者さんの中には、子宮筋腫や子宮・卵巣がんなどの婦人科系の病気はもちろんのこと、甲状腺の病気やうつ病などがよく見られます。甲状腺の病気が疑われる場合は内分泌内科医を、うつ病を疑う場合は精神科医と連携して治療にあたる必要があります。

更年期障害の治療法

更年期障害の治療法は、薬を用いる治療(薬物療法)と薬を用いない治療に分けられます。この中でも、他の病気に比べて薬を用いない治療が非常に重要なのが、更年期障害の特徴です。

薬を使用しない更年期障害の治療

更年期障害は、閉経に伴う卵巣機能の低下に加え、心理的・社会的な要素が大きく影響を与えます。この部分に対し、カウンセリングや認知行動療法などの心理療法が極めて有効です。更年期障害の特徴である血管運動神経症状も、認知行動療法で改善することが可能です。

また、特に肥満がある方に対する食事指導を中心とした生活指導も、更年期障害の症状の改善に効果的であることがわかっています。食事指導により、閉経後に上昇する生活習慣病や骨粗鬆症などの病気の危険性も減らすことができます。

薬物療法:ホルモン補充療法(HRT)

  薬物療法:ホルモン補充療法(HRT)

更年期障害の薬物治療には、減ったエストロゲンを補うホルモン補充療法と、出てきた症状を和らげるための対症療法があります。

HRTは、更年期になると減少するエストロゲンを補うことで症状を改善させる治療法です。特に、ほてりやのぼせ、発汗やホットフラッシュなど、更年期障害ならではの症状に効果的です。

また、ホルモンバランスが整うと自律神経系のバランスも整うため不定愁訴にも一定の効果が見られることが多いです。さらにエストロゲンはもともと女性の体内でコレステロールの調整を行う働きがありますので、脂質異常症が改善することがあります。

何らかの病気で子宮を取った女性に対しては、エストロゲンの単独投与を行います。子宮がある女性の場合、子宮がんにつながる子宮内膜増殖症の発症予防のため、エストロゲン投与の際に黄体ホルモンを同時に投与する必要があります。

使用されるホルモン剤には、飲み薬のほか、貼り薬や塗り薬など、いろいろなタイプの薬があり、また毎日使用するタイプや定期的に休薬期間を設けるタイプなど、さまざまな利用法があります。どのタイプが良いかは、身体の状況や更年期障害の症状、そしてもともとお持ちの持病などによって異なります。

ホルモン補充療法(HRT)の注意点

HRTを行うにあたっては、いくつか気をつけたい点があります。まずは、もともとの持病や身体の状態によって、HRTを行うことができない場合があります。詳細は受診時にお尋ねください。

  • 禁忌
    重度の活動性肝疾患、血栓症のリスクがある方、エストロゲン依存性悪性腫瘍(子宮体がん、乳がん)、脳卒中の既往歴がある方など
  • 慎重投与
    胆石症、偏頭痛、肥満の方など

HRTを行うことによって、他の病気にかかる危険性が増える可能性があります。冠動脈疾患、脳卒中、静脈血栓塞栓症、乳がん、卵巣がんについて、治療を行わない場合と比較し、治療を受けた方で確率が高くなるという報告が見られました。これらの危険性は治療に用いる薬の選択やその組み合わせによって大きく変わり、現在の使用法ではむしろリスクを下げるという報告も出てきています。ご心配な方は、一度ご相談ください。

また、HRTに伴う有害事象として最も多いのが不正出血です。治療を始めた初期に多く見られ、5ヶ月程度でほとんど見られなくなります。また、乳房の痛みや張りが10%程度に見られます。

薬物療法:対処療法

更年期障害の治療には、漢方薬がよく用いられます。特に、自律神経系の症状が強い場合や不定愁訴のある場合に有効であるとされています。それぞれの方の体質や持病、身体の状況に合わせ、当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸などを用いることが多いです。

精神症状が重く日常生活に支障がある場合には、抗うつ剤や抗不安剤、催眠鎮静薬などを処方することもあります。これらの薬の効果が薄い場合、また希死念慮(自殺願望)がある場合や躁とうつを繰り返すような場合は、精神科での専門的な加療が必要となります。

自分でできる更年期障害の対策

更年期障害に対するセルフケアとしては、食生活や運動、規則正しい生活などがあります。

バランスの良い食事

特にバランスの良い食事は、閉経後の生活習慣病の予防にも効果的です。理想的な食事は和定食のような、主食・主菜・副菜・汁物をうまく組み合わせた食事です。魚料理や緑黄色野菜をうまく取り入れ、栄養バランスの良い食事を目指しましょう。骨粗鬆症の予防やイライラの改善には、カルシウムの摂取がおすすめです。チーズや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品を、毎日の食事に取り入れましょう。

規則正しい生活

規則正しい生活は自律神経のバランスを整え、不定愁訴の改善に効果があります。朝早く起きて朝日を浴びるのは、特にうつ状態を改善されるのに有効です。夜は十分な睡眠をとりましょう。

アロマテラピーやヨガ、ストレッチなど、ご自分なりのストレス解消法を見つけるのも良い方法です。完璧を求め過ぎず、リラックスした毎日を送りましょう。

サプリメント

市販のサプリメントでいうと、大豆イソフラボンの補充が挙げられます。特にホットフラッシュに対して効果があるとされています。ただし過剰摂取による害も複数報告されていますので、イソフラボンのサプリメントの内服をご検討される方は、一度当院までご相談ください。

更年期障害を上手く乗り越えるために

更年期障害は女性なら誰でも起こる可能性があるものですが、症状の辛さは人と比べられるものではありません。加齢に伴い女性ホルモンの値が変動するのは避けられないことですが、適切な治療を受ければ、ほとんどの場合で辛い症状を和らげることが可能です。症状を我慢しすぎたり、自己流の対処で悪化させる前に、ぜひ一度当院までご相談ください。