HOME > 婦人科のご案内 > 低用量ピル(OC)処方について

低用量ピル(OC)処方について

医療法人みらいグループ

低用量ピル(OC)は正しく服用することで、ほぼ100%の避妊効果と生理痛改善や生理周期を整える効果があります。
当院では、ピルについての説明や服用のアドバイスをし、安心して服用できるようにサポートしています。

ピルとは

ピルは、主に避妊などの目的で女性が用いる錠剤のことです。経口避妊薬(OC:Oral contraceptive)とも呼ばれます。

世界と比べると、日本はピルの内服率がかなり低いことが知られています。その理由としては、ピルがただの避妊薬としか思われておらず、メリットが十分に認知されていないことが考えられます。
ピルは、高い避妊率はもちろんのこと、生理痛や月経前症候群(PMS)などの生理に伴ういろいろな症状を和らげること、また子宮がんなど病気を予防できることなど、非常に多くのメリットがあります。

ピルの主な成分

ピルの主な成分は、2種類の女性ホルモン(エストロゲン:卵胞ホルモンとプロゲステロン:卵黄ホルモン)です。エストロゲンは子宮内膜を厚くし、プロゲステロンは厚くなった子宮内膜を維持する働きを持ちます。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンの両方が含まれているため、続けて内服ことで、体内のホルモンバランスは妊娠している時と同じになります。そうすると、脳が「ホルモンが十分あるから妊娠している⇨排卵しなくて良い」と勘違いし、排卵を止めてしまいます。排卵が止まると、生理も起こらなくなりますので、生理痛を和らげたり子宮内膜症を改善させたりする効果が出るのです。

ピルの内服を止めるとホルモンバランスは元に戻るので、排卵が再び始まります。

低用量ピルの効果

低用量ピルの効果

低用量ピルの効果としては、避妊の他に、月経困難症をはじめととした月経のトラブルを解消することが挙げられます。子宮内膜症の治療にもピルが用いられています。

避妊効果

低用量ピルの一番の働きは、避妊です。正しく服用した場合の避妊率は99.7%と言われています。ピルの避妊効果は、以下の作用によってもたらされます。

  • 排卵を抑える:エストロゲンとプロゲステロンが体内に両方同時に存在することで、脳は妊娠していると勘違いします。排卵を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑えられ、排卵がおこらなくなります。
  • 受精卵が着床するのを防ぐ:子宮内膜を変化させて、万が一排卵しても受精卵が着床しにくくなります。
  • 精子が子宮内に進入するのを防ぐ:子宮頸管の粘膜を変化させて、精子が子宮に入りにくいようにします。

避妊以外の効果

低用量ピルの効果は、避妊以外にも以下のようなものがあります。

  • 生理痛を和らげる
  • 月経血の減少による貧血の改善
  • ニキビ、肌荒れの改善
  • 生理周期を安定させる
  • 卵巣がん、子宮体がん、子宮内膜症、大腸がんを予防できる
  • PMS(月経前症候群)の症状を和らげる(頭痛・下腹部痛・情緒不安定など)
  • 妊娠したい時に妊娠しやすくなる
  • 生理の時期を調整できる:大事な試合や試験などと生理がぶつからないようにできる。

低用量ピルの副作用やデメリット

低用量ピルの副作用やデメリットは以下のようなものがあります。

  • 【重大】血栓症(血の塊がつまる病気)の危険性が高くなる。
  • 吐き気、嘔吐
  • むくみ
  • だるさ、倦怠感
  • 頭痛、頭が重い
  • 乳房が張る、乳房が痛い
  • 不正出血が起こる
  • 性欲減退
  • コンドームをしない性行為による性感染症

このうち頭痛や不正出血はよくある副作用の一つですが、よくみられるのは飲み始めの頃であり、しばらく飲んでいるうちになくなることがほとんどです。

ちなみに「低用量ピルを飲むと体重が増える」という都市伝説がありますが、これは全くのでたらめです。
また「低用量ピルを飲むと、止めた後も妊娠しにくくなる」と思い込んでいる方がいますが、これも間違いです。飲んでいる人と飲んだことがない人の妊娠の確率は同じとされています。

低用量ピルを飲む際に注意すべき点

女性の身体に良いことばかりに見える低用量ピルですが、副作用の発生を抑えるためにも飲む前に注意しておきたい点がいくつかあります。

血栓症

ピルを内服する上で忘れてはいけないのは、血栓症のリスクです。非常にまれではありますが、10万人に1人の割合で死亡することがあります。

血栓症の初期症状

血栓症の初期症状としては以下のようなものがあります。ピルを内服中に思い当たることがあれば、すぐに病院を受診しましょう。

  • ふくらはぎの痛み、むくみ、しびれ感(ふくらはぎの症状は片側に起こることが多い)
  • 鈍い胸の痛み、突然の息切れ
  • 胸部の押しつぶされるような痛み
  • 激しい頭痛、めまい、失神
  • 視覚・言語障害(視野狭窄、舌のもつれなど)

血栓症の危険が高まる状態

以下のような状態は、血栓症の危険を高めます。ピル内服中はできるだけ避けるように心がけましょう。

  • 30分以上の手術・長時間乗り物に乗る場合:長時間同じ体勢を取ることは、血栓症の危険を高めます。
  • 血圧が高い
  • コレステロール・中性脂肪が高い(脂質異常症)
  • 脱水状態:お酒の飲み過ぎにも注意

慎重投与の方

以下に挙げる人は、血栓症を含めた副作用の危険性が高いことから、低用量ピルを飲む場合は婦人科医とよく相談することが必要です。また他にも低用量ピルを飲むことができない病気がいくつかあるので、婦人科の病気以外も含めて持病がある方は、診察の際に必ず申告しましょう。

肥満

BMIが25を超える肥満の方は、そうでない方と比べて少なくとも2倍以上の確率で血栓症を起こします。

年齢

低用量ピルを内服できるのは初経からですが、20歳未満の方に対する安全性は確立されていません。年齢が高くなればなるほど血栓症を起こす確率が高くなり、40歳以上(喫煙者は35歳以上)の方は低用量ピルの内服によるメリットとデメリットを慎重に検討する必要があります。閉経後は内服できません。

喫煙

1日の喫煙本数が多ければ多いほど、心筋梗塞などを発症する確率が高くなります。現在喫煙している人がピルを内服すると、血栓症の発症リスクがおよそ9倍となります。

高血圧・片頭痛持ち

心筋梗塞、脳卒中、血栓症などの確率が高いことがわかっています。

血縁者に乳がんの人がいる

乳がんとエストロゲンには関係があることがわかっています。中用量以上のピルでは明らかに乳がんの発生が多くなります。低用量ピルの場合はまだ明らかではありません。

低用量ピルと一緒に飲んではいけない薬

低用量ピルと相性が悪く、一緒に飲まない方が良い薬がいくつかあります。持病をお持ちの方は、主治医の先生とよくご相談ください。

C型肝炎の薬(ヴィキラックス配合錠)は、低用量ピルと同時に飲むのはやめましょう。

抗生物質の一部と抗結核薬、抗てんかん薬、精神刺激薬、抗HIV薬、また心を落ち着かせるサプリメントの成分に含まれるセントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)は、低用量ピルの効果を弱めてしまいます。

逆に解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェンや一部の抗真菌薬(フルコナゾール・ボリコナゾール)は低用量ピルの効果を強めてしまい、副作用が出る可能性が高くなります。

この他にも低用量ピルによって効果が強まる薬・弱まる薬がいくつかありますので、ピルの処方を受けるときには必ずおくすり手帳を持参しましょう。

診察方法

STEP.1
ご予約

完全予約制であるため、お電話(03-3667-0085)またはWebから予約をお願いいたします。土日祝も処方可能です。

STEP.2
ご来院・問診

受付までお越しください。問診票を記入していただきます。健康診断や献血などの血液検査の結果があればご持参ください。半年以内の採血結果がない場合は初診時または次回来院時に採血をさせていただいています。
※ピル服用により稀に肝臓に負担がかかることがあるため、まずは服用前の状態を知っておきたいからです。

STEP.3
ピルの処方

内診はありません。簡単な問診を行い、問題がなければその場でピルをお渡しするので、お時間を取らせません。
いくつかピルの種類があるので、問診などを参考にひとりひとりに合わせた最適なピルを処方します。
初回は1ヶ月分お渡しして副作用をチェックしていただきます。問題なければ次回ご来院時はご希望に応じて最大6ヶ月分処方いたします。

ピルの処方を希望する方には、問診で、現在服用しているお薬の有無、既往歴の有無などをお聞きします。必要に応じて血液検査・血圧・体重測定を行い、血栓症の起こしやすさを判断し、低用量ピルの内服が可能かどうかを判断します。また、可能であれば内診や子宮がん検診を行い、治療が必要な婦人科の病気がないかをチェックしておきます。

低用量ピルを安心して飲み続けるためには、一年に一回を目安に、以下のようなチェックを受けると良いでしょう。

  • 子宮頸がん検診
  • 血液検査
  • ホルモン検査
  • 性感染症検査
  • 超音波検査
  • 骨密度検査

低用量ピルの価格

当院では、低用量ピルは基本的に1シート2,750円(税込)です。価格は種類によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

ピルの種類

低用量ピルには、目的に応じてたくさんの種類があります。主に含まれるホルモンの量と配合されている黄体ホルモンの種類、そして1シートに含まれる錠数で分類されています。かかりつけの婦人科医と相談して、最も適切なものを選ぶと良いでしょう。

ホルモン量によるピルの種類

低用量ピルは、ホルモン配合量と配合割合の違いによって、一相性ピルとニ相性ピル、そして三相性ピルに分類されます。

一相性ピルは、1シートにある全ての錠剤が同じホルモン配合量になっているものです。全て同じ薬なので、体調の変化が起こりにくいのがメリットです。

二相性ピルは、1シートに2種類、三相性ピルは、1シートに3種類のホルモン配合量の薬が含まれています。これらを段階型ピルと呼ぶことがあります。

ホルモン配合量の変化が大きいものほど、体内で実際に起こっているホルモン量の変化に近い状態を作り出します。日本では二相性ピルは承認されていません。三相性ピルではより自然に近いホルモン量となっているため、不正出血が起こりにくいとされています。

黄体ホルモンの種類によるピルの種類

配合されている黄体ホルモンの種類によって、第一世代(ノルエチステロン:NET)、第二世代(レボノルゲストレル:LNG)、第三世代(デソゲストレル:DSG)、第四世代(ドロスピレノン:DRSP)と分類されることがあります。

世代が進むほどアンドロゲン作用が弱くなり、食欲増進・体重増加・多毛・ニキビなどの副作用が出にくくなります。

錠数によるピルの種類

ピルには、1ヶ月に内服する錠剤の数(1シート)が21錠のタイプと28錠のタイプがあります。その違いは、ホルモンが含まれていない偽薬(プラセボ)があるかどうかです。

ピルの内服は28日周期で管理します。21錠のタイプは、自分で7日間の休薬期間を作ります。忘れっぽい方の場合、7日間の休薬期間を終えた後に内服を再開するのを忘れることがあります。休薬期間を8日以上空けると避妊効果が落ちるため、注意が必要です。

28錠のタイプにはホルモンが含まれていない偽薬(プラセボ)が7錠含まれており、指定通りに毎日飲むだけで自然と休薬期間が取れる仕組みです。

低用量ピルの服用方法

ピルは毎日1回1錠内服します。毎日続けて飲むことで、初めて効果が得られます。薬の効き目を安定させるためにも、例えば朝食後など、飲む時間を決めておくのが良いでしょう。初めて服用する場合は、基本的には次の月経が始まってから飲み始めます。

ピルを飲み忘れた場合の対処法

低用量ピルを飲み忘れた場合の対処法は、ホルモンが含まれた実薬を忘れた場合と偽薬を忘れた場合、そして何日間くらい飲み忘れたかによって異なります。

実薬を飲み忘れてから24時間以内の場合

実薬を1錠飲み忘れたことに1日以内に気がついた場合は、飲み忘れに気づいた時点で忘れた分をすぐに飲みましょう。そのほかに、その日に飲む分のピルをいつもの時間に飲みます。

飲み忘れてから24時間以上経ってしまった場合

2日以上忘れてしまった場合は、そのクールの内服を中止します。内服を止めると生理が再開しますので、出血を待ってから次のクールの内服を再開します。この場合は排卵も再開するので、避妊効果が低下する可能性があります。低用量ピルの内服を7日間続けるまでは、コンドームなどの避妊法を併用しましょう。

偽薬を飲み忘れた場合

偽薬は飲み忘れても問題ありません。飲み忘れた分はそのまま捨てて、本来の日付のところから内服を再開しましょう。